MQL4講座

インジケーターの新規作成

投稿日:

実際にファイルを作ります。メニュバーの「新規作成」をクリックします。

新規作成

 

MQL4 ウィザードが始まります。インジケーターを作りたいので、「カスタムインディケータ」を選び、「次へ」を押します。

カスタムインジケーター

 

まずインジケータの名前を決めます。今回は「test1」というインジケーターを作るとします。その場合は名前のところに Indicators¥test1 と入力します。

カスタムインディケータの一般プロパティ

(著作者は自分の名前を。リンクはブログやHPのアドレスを入力してください。)

この段階でパラメータも設定できますが、特に必要ありません。

名前を入力したら、次へを押してください。

 

カスタムインディケータのイベントハンドラが出ますが、次へ。

カスタムインディケータのイベントハンドラ

(OnTimer、OnChartEventは今の段階では必要ありません。必要になったとしても後からいくらでも追加できます。)

 

カスタムインディケータの描画プロパティも特に設定は必要ありません。完了を押してください。

カスタムインディケータの描画プロパティ

ファイルが作成されました。

新規作成終了

インジケーターのフォルダーに「test1」(test1.mq4)というファイルが入っていると思います。

インディケータのフォルダー

 

インジケーターの場所

インジケーターのフォルダーは、MT4のメニューの「ファイル」から「データフォルダを開く」を選びます。

データフォルダを開く

MQL4フォルダー内のIndicatorsフォルダーにインジケーターがあります。

-MQL4講座

Copyright© 外為どっとクラブ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.